「今日の献立」@釣り日記

ただの釣り日記です。晩御飯の参考にはなりません。

釣りと買い物

今週、釣りには2回行って来ました。

健康診断が6月では無く、7月13日になり現在禁酒中の為に一日が長い。

大体、4時には起きている。

今日なんて、する事が無かったので20時過ぎに寝て、起きたのが0時半(笑)

なので、今日も釣りに行って来ました。

1回目は4日の日。

店の女子スタッフが釣りに連れて行けと。

前から言ってたのだが、本気だと思っていなかった(笑)

丁度日程があったので、その日の夕マズメに行って来ました。

やった事の無い人間にルアー釣りを教えるのはしんどいので、サビキで鯵狙い。

18時半頃到着。

まあ、暗くなるまで釣れないよと、まず釣り方を教える。

暗くなると連続ヒット。

最終で40匹オーバーでした。

20UPの鯵、11匹のみお持ち帰り。

f:id:animalno1:20170707135545j:plain

俺が釣ったのは始めの1匹のみ。

終始、魚を外し、コマセを入れ、ヘッドライトで照らす役目でした(笑)

35cm位の鯖も混じり、それなりに楽しめたようです。

最後には4.5Mの磯竿を振り、浮きの動きで鯖か鯵か見極められるようになってました。

まあ、最後は初心者によくある、キャスト時のベール戻りによる重り爆弾で仕掛けが吹っ飛んで終了しましたが(笑)

まさか、BOXに入っていた4個の下カゴ重りが全て無くなると思っていなかった・・・。

楽しかったと言っていたが、魚に触る気が全く無いので釣りガールにはなれません(笑)

今日は2時半スタート。

前回あれだけ居れば、鯵は釣れるはず。

しかし・・・子鯖祭り。

まあ、朝マズメには周って来るだろうとキャストを続ける。

夜が明けてやっと鯵が釣れ始めた。

しかし・・・漁師が船で一斉に出航すると群れが散ってしまったようで(汗)

粘ればまだまだ周って来そうだったが、眠くて諦めた(笑)

お持ち帰りは20UPを2匹のみでした(泣)

やはりサビキは釣りでは無く漁です。

その場に群れを寄せて留めるサビキ強しって感じです(笑)

 

6月は年2回の1万円のお小遣いチャンスです。

まあ、ボーナスなのですが。

恥ずかしい話・・・今年は中高生のお年玉より少ないんじゃ・・・昨年もでしたが(泣)

とりあえず、いくら貰っても使って良いのは1万円と決めているので、今回はこれを購入。

 

 定番の釣り道具。

東レのPE0.4号。

前の西海岸での釣りで久々にライントラブル。

ラインの半分無くなりました(泣)

前はデュエルのアーマードを使っていたのだが、ちと固く好みじゃなかった。

そしてこのラインに変えたら、しなやかで中々使い易く、値段もそこそこ。

なので今回もリピートです。

 

キザクラ(kizakura) シャローフリーク 7.5g フローティング

キザクラ(kizakura) シャローフリーク 7.5g フローティング

 

 その辺で購入出来ないので、予備で購入。

まあ、中々ロストするような物では無いのだが。

 次に買ったのは

シャプトン 刃の黒幕 グリーン 中砥 #2000

シャプトン 刃の黒幕 グリーン 中砥 #2000

 

 本当はロッドが欲しかったが、1万円の予算では当然買えず。

もしくはダマスカス鋼の牛刀。

こちらも1万円オーバー。

なので、前から欲しかった日常品を揃えました。

シャプトンの砥石「刃の黒幕#2000」。

まあ、砥石が日常品かどうかは判りませんが(笑)

砥石は当然持っていますが、かなり減っていたのでセラミックの砥石が欲しかった。

これ一つで荒砥と仕上げまでこなせるという評価なので買ってみたが・・・やっぱ荒砥は必要だねぇ。

カエリが中々出ない。

鋼は普通に行けるが固いステンレスが無理。

モリブデンバナジウム鋼の包丁なら比較的カエリは出やすいけど、釣りに使う安物のステンレスナイフは無理でした。

別に仕事で使う訳では無く、家で使う包丁だけなので#5000とか#8000の仕上げ砥石は自分的に必要ない。

#320か#1000買おうかなぁ・・・しかし、お値段が高いので荒砥は今ある物で我慢します。

まあ、マメに研ぐ人ならこれ一つ持ってれば十分かも。

水に漬け込まなくて良いし、#2000でも研磨力が強くてほぼ減らないので面直しも頻繁にやらなくても良い。

中研ぎ、仕上げ用としては十分なので気に入りました。

そしてこれ。 

SK11(エスケー11) 両面ダイヤモンド砥石 #400 #1000 204×65×7mm

SK11(エスケー11) 両面ダイヤモンド砥石 #400 #1000 204×65×7mm

 

 こちらは面直し用に購入。

SK11のダイヤモンド砥石。

持っている包丁は鋼の物が多いのでダイヤモンドの硬度は必要ない。

シャプトン砥石の面直し用ってのもあるが、実はある砥石の面直しがしたかった。

故人からの頂き物。

f:id:animalno1:20170707143744j:plain

多分、天然砥石。

ずっと昔から家にあり、使っていたらしい。

ここまで歪んでいると砥石の意味が無い。

なので、頂いたが使ってなかった。

まあ、切れない時に使えば一時的に切れるようにはなると思うが、ちゃんと刃を付ける事は難しい。

硬度は判らないけど、固い・・・面直し用の砥石では歯が立たなかった。

左右に少し削った跡があるが、たったこれだけ削るのに面直し用の修正砥石が逆に歪んでしまった(笑)

#5000とか必要無いと言ったけど、硬度は不明だが必要な時はこの砥石で代用出来るかと。

なので、面直し用に最適と言われていたダイヤモンド砥石で試してみた。

削れる削れる・・・

f:id:animalno1:20170707144705j:plain

10分かからず片面終了。

ちなみに後ろに映っている青いのが、歪んだ修正砥石。

この後、ダイヤモンド砥石で水平に直しました。

溝がかなり無くなりましたが・・・#300なので裏面を荒砥に使うか(笑)

そしてまた10分ゴシゴシ・・・

f:id:animalno1:20170707144925j:plain

何とか水平が取れました。

こんな簡単に出来るなら、修正砥石なんて必要無かったなぁ。

もっと早く知ってれば良かった。

以上、興味の無い人には全くどうでも良い話でした(笑)

さて、健康診断まで後1週間。

まあ、2週間で6kgなら楽勝だろうと思っていたが中々体重が落ちず・・・現在62kg。

後▲3kg・・・間に合うだろうか(汗)

 

 

 

 

 

広告を非表示にする